Net Walker,Monkey.D.Asuran

主人公Monkey.D.Asuranが、Net Walkerとなり、実在の人物K・ヤマトとともに、ネットの中を旅する物語。すべて作者の経験に基づいて構成されているため、結構実用的かも?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝。初フュージョン完成特別企画。 伝説の情報商材レビュアーの巻。

その夜、Monkey.D.Asuranの乗る初号機は、無人だった・

そこに新手のスパムトラックバック軍団が、来襲した。
やつらは、FC2合衆国の規制の目をかいくぐり、
初号機に攻撃を仕掛けてくる、しつこいやつらだ。

「今日は、誰もいないな、この船、戦闘力たったの5か…。ゴミめ…。
まあいい。こんなやつでも、食いついてくれるかもしれん」
パチンコ01号は(悪者の名前)、トラックバック攻撃を開始した。


と、その時、無人の船にもうひとつのやつがやってきた。

ピピ。
パチンコ01号のスカウターが反応した。

「ほう、戦闘力500、そんなやつでも、こんなごみみたいな船に足跡を残そうと、するのか。ご苦労なことだ。」

もうひとつのやつは、その声に反応して、振り返らず、
「バカなのは、お前だ。」
そういって、小指一本で軽い「どどんぱ」をはなった。(カメハメ波じゃないのか?)

パチンコ01号は、木っ端微塵に砕け散った。

もうひとつのやつは、初号機に足跡をつけて、飛び立とうとした。

そのとき、「待てお前。」後ろの方で、声がした。
ゆき乗務員の別船の故障箇所を点検に行っていた、Monkey.D.Asuranだった。(それより、初号機を何とかすれよ。笑)

m・「名前くらい言ったらどうだ?」

謎の人物・「名乗るほどのなでないが、おいらの名は孫。」

そういって彼は、初号機をとびったった。


----------------------------------------------


次の日、Monkey.D.Asuranは、孫と名乗ったその足跡をたどって、
彼の船に乗り込んだ。

そこで、孫は、「おすすめできない商材軍団」の一員、

ミキ90号と戦っていた。

孫は、強かったが、敵はしぶといやつで、「気」が減ってきていた。

Monkey.D.Asuranは、「手を貸そうか?」といった。

孫は、「そいつはありがてえ。でも、おめえ、気がねえジャねえか?それとも、おめえ、気が消せるのか?」

m「まあな。」

孫「そりゃ。すげ~。おいらの他にも気が消せるやつが、いるんだ。」

m「ああ。こんなもんで、いいか?」

Monkey.D.Asuranは、すこし、気を開放した。

孫「おどれえた。おめえやるじゃねえか?でも、こいつら沢山いて、
きりがないぞ」

m「ああ、ちょっとやばそうだな。手っ取り早く、フュージョンで、片付けようぜ。」

おすすめできない商材軍団の一員、ミキ90号は、スカウターで


「バカめ、戦闘力500そこいらのお前らが、どれだけ頑張ったって
戦闘力5221の私に勝てる訳がない」


二人は、にやりと笑った。


そして、いきなりフュージョン!!ハッ。(いつ見てもカッコ悪)


その名は「孫スラン」ちょっとカッコわるいが…。


孫スランは
「スカウターだよりの馬鹿なやつ、
スーパーゴーストカミカゼアッタクをおみまいするぜ。」

とくぐもった声で言った。

あっという間に、ミキ90号は、退散した。

めでたし、めでたし。


でも、孫スランにはどのくらいの戦闘力があったのか?

謎である。

--------------------------------------------------------------------------------------------
フュージョンの解けた二人は、名刺交換をした(地味・笑)

m「いヤアどうも、わたくしMonkey.D.Asuranと申します。
わたしの気に合わせていただいて、ありがとうございます。
孫さん、これから、よろしくおねがいします。」

孫「私は本名、マゴゴソラと申します。Asuranさんこそ、フュージョンなんていきなりできるなんて、恐れ入ります。こちらこそ、よろしくお願いいたします。」


実際、こんな、会話をしたかどうかは、定かではない。



しかし、おすすめできない商材軍団は退散しただけであって、

その脅威がなくなったわけではない。

彼らのたびは、続く…。



☆編集後記☆
・本冒険に新たな仲間が加わった。
その名は、伝説の情報商材レビュアー「マゴゴソラ」 (本物語での通称、孫)

すこしづつ、冒険が加速する?

しかし、最初から、登場していた人物との出会いを書くのを
忘れていたK・ヤマトであった…(汗)

なお、本物語は、他の商材を誹謗中傷するのが、目的でない事を
最後に付け加えておく。
その、商材の価値は、自分で見極めてこそ、価値が出るものなのである。
あくまで、お笑いなのである。(意味不明)


※語句説明

・名刺交換…相互リンクのこと。

・タイトルでのフュージョン…相互リンク(こまけー)

・足跡…コメント
スポンサーサイト

コメント

あはは、いつ見ても面白いよね!!
キラさん文才ありまくり。

ゆっきー♪は今日はプライベートでへとへとv-12
そういえば、私の上陸用の小型ボートの点検ありがと。
早く島に私たちのお城を作りたいねぇ。

さあ姉さんたちを「楽隠居」させてあげたいよ。

こんばんは~

おもしろいこと考えてますね^^
どうぞ~ばんばん使っちゃってください^^

では!また~ね^^

おっす、オラ「マゴゴソラ」!

今日は応援にやってきたぞ!!
フュージョンしてくれてサンキュー。

おかげでとんでもねぇ力が湧き出てくるようだぞ!!

これでどんな奴がきても
全然怖くねぇな。

これからも力を合わせて
わりぃ奴らから地球を守っていこうなっ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monkeydasuran.blog96.fc2.com/tb.php/9-bd1a0c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Google

Google

ブログ内検索

RSSフィード

願い

スポンサード リンク黒

存在

タグ検索de【くつろぐ】は無料のブログサイト専用サービス。

One piece

ガンダムSEED

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。